トップページ > 肺胞蛋白症とその治療 > 肺胞蛋白症の臨床像

肺胞蛋白症とその治療

肺胞蛋白症とその治療

肺胞蛋白症の臨床像

疫学情報

自己免疫性(特発性)肺胞蛋白症

・成人発症の肺胞蛋白症の90%
・好発年齢 50歳代
・男女比 2.1:1
・職業性粉塵吸入歴のある症例が4分の1を占める。
・血清中に抗GM-CSF自己抗体が存在
・予後は比較的良好。稀に呼吸不全が進行し、死亡する。
・無症状は約30%。症状として頻度が高いのは、労作時呼吸困難、咳そう、痰など。発熱は稀。
・画像所見に比べて症状・理学所見が乏しいことが特徴である。

続発性肺胞蛋白症

・成人発症の肺胞蛋白症の6%
・好発年齢 40〜50歳代
・男女比 1.5:1
・基礎疾患として血液疾患(特にMDS)、呼吸器感染症、自己免疫疾患がある。
・血清中抗GM-CSF自己抗体は陰性
・予後は不良(2年生存率49%、5年生存率35%)。
・殆どが有症状。症状は原疾患により多様である。発熱は22%の症例にある。

CT画像

自己免疫性(特発性)肺胞蛋白症のCT所見
スリガラス様陰影 (GGO)が境界明瞭に地図状に分布
patchy geographic pattern
画像をクリックして拡大
patchy geographic pattern
肺野の外側域にみられるGGOは胸膜下の領域を回避
sub pleural sparing
画像をクリックして拡大
sub pleural sparing
画像をクリックして拡大
sub pleural sparing
GGOに伴う小葉間隔壁の肥厚や小葉内網状影
GGOに伴う小葉間隔壁の肥厚や小葉内網状影
画像をクリックして拡大
メロンの皮様所見(crazy paving appearance)
上記のGGOは下肺野優位に分布

上記のGGOは下肺野優位に分布

続発性肺胞蛋白症のCT所見
GGOが境界不明瞭に均一に分布
びまん性パターン(Diffuse pattern)
画像をクリックして拡大
びまん性パターン(Diffuse pattern)
GGOは上・中・下肺野に優位な分布領域なし

GGOは上・中・下肺野に優位な分布領域なし

続発性肺胞蛋白症にみられる画像所見パターン
特発性(自己免疫性)肺胞蛋白症に類似
地図状パターン
画像をクリックして拡大
地図状パターン
(geographic GGO pattern)
男性 ベーチェット病、MDS
GGOがびまん性に境界不明瞭に拡大
diffuse GGO pattern
画像をクリックして拡大
diffuse GGO pattern
男性 MDS
著明な広義間質(小葉間隔壁)の肥厚
胞壁肥厚パターン
画像をクリックして拡大
胞壁肥厚パターン
(septal thickening pattern)
女性、MDS
各画像所見の比較

自己免疫性と続発性での画像所見の比較

検査所見

自己免疫性(特発性)肺胞蛋白症

・約50%が低酸素血症(PaO2<70 mmHg)動脈血炭酸ガス分圧は正常。%VCは正常であることが多いが、進行すると低下する。%DLcoは初期から低下する。一秒率は正常。
・CRP、ESRは感染の合併がないかぎり、正常。
多血症を呈する症例もある。
・血清KL-6、CEA、SP-A、SP-D、LDHが高値となる。他のびまん性肺疾患(特発性間質性肺炎、サルコイドーシス、膠原病肺)でも高くなるが、有意にそれらよりも高値となる。
・KL-6、CEAは A-aDO2と相関する。
・気管支肺胞洗浄では、肺胞蛋白症に特徴的な外観-ミルク状を呈する。進行すると細胞数(特にマクロファージ)が 減少する。

続発性肺胞蛋白症

・%VCは正常であることが多いが、進行すると低下する。%DLcoは初期から低下する。一秒率は正常。
・血清 KL-6、CEAが高値となる。他のびまん性肺疾患でも高くなるが、有意にそれらよりも高値となる。SP-A、SP-Dも高値となるが、他の肺疾患と有意差はない。
・KL-6、CEAはA-aDO2と相関する。
・気管支肺胞洗浄では、肺胞蛋白症に特徴的な外観-ミルク状を呈する。自己免疫性と異なり、多くの場合、細胞数は増加する。リンパ球、好中球の割合が増加する。

気管支肺胞洗浄液所見

自己免疫性(特発性)肺胞蛋白症

気管支肺胞洗浄液では、肺胞蛋白症に特徴的な外観-ミルク状(米のとぎ汁状)を呈する。進行すると細胞数(特に マクロファージ)が減少する。好酸性に染まる無構造物と泡沫状マクロファージが特徴である。泡沫状マクロファージは40〜50ミクロンと大型であるが、核は小型である。

続発性肺胞蛋白症

気管支肺胞洗浄液では、肺胞蛋白症に特徴的な外観-ミルク状(米のとぎ汁状)を呈する。泡沫状マクロファージが見られるが、核が異型なものが散見される。特発性と異なり、多くの場合、細胞数は増加する。リンパ球の割合が増加する。

ページの先頭へ